ビーチバレーボール 〜浅尾美和〜水着情報!

ビーチバレーボール 〜浅尾美和〜水着

カテゴリー :浅尾美和

 プロビーチバレーボール選手の浅尾美和さんは、1986年2月2日生まれで、三重県出身です。

県立津商業高等学校時代、2度の春高出場し、全国高校総体ではベスト16になりました。高校卒業後はビーチバレーボールに転向し、同時にタレント業も開始しました。主なTV出演は、フジTV「ジャンクSPORTS」、日本テレビ「ひらめ筋ゴールド」などです。

浅尾美和さんは、輝く瞳が印象的で、美しさや愛くるしい笑顔から
ビーチバレー界の妖精と呼ばれています。本人によると、練習はほとんど毎日、2〜3時間はビーチでボールを追って、雨の日や、ビーチで練習しない日は、ジムでしっかりトレーニングしているそうです。今の目標は、北京オリンピックに出場することのようです。

「ビーチバレーボールの試合は水着なので、やっぱりビキニを着ると気持ちが入るんですよ。普通の女のコだとグラビアで水着になるのはセクシーショット狙いなんでしょうけど、私の場合、ビキニは本気の戦闘モードなんですよね」・・・と本人は語っています。
 また、「暖かくなればビーチバレーボールの練習の時もビキニの水着でやります。半袖のTシャツ着て練習すると、かっこ悪い日焼けになるので。かっこよく日焼けするのも、選手にとっては大事なことなんです。」とも言っています。

コラム > ビーチバレーボール 〜浅尾美和〜水着について書かれています。

ビーチバレーボール 浦田聖子〜プロフィール

カテゴリー :浦田聖子

 日本のプロビーチバレーボール選手である浦田 聖子(うらた さとこ、1980年12月22日 - )は、元インドアバレーボール選手でした。コートネームはラン。現在は、ビーチバレーボールチームのレオパレス・ウィンズに所属しています。
浦田聖子選手は、佐賀県出身 です。身長174cm、体重60kg、血液型はB型で右利き、 最高到達点:292cm です。

中学1年生の時、父親の転勤で佐賀県から千葉県に転居し、共栄学園中へ転校します。本格的にバレーを始め、1995年全国大会ベスト4。共栄学園高校では春高バレー・インターハイに出場し、アジアユース選手権優勝を経験しました。

1999年にNECレッドロケッツに入団し、Vリーグ優勝などに貢献しました。2002年ビーチバレーボールに転向。2003年、佐伯美香とペアを組んで急激に力をつけ、2004年のワールドツアーでは、7位に入賞しました。国内でも屈指のプレーヤーで、国内ツアーでは優勝争いの常連です。
 2006年からは鈴木洋美とペアを組み、国内外を転戦して北京オリンピック出場を目指しています。

所属チーム履歴は、 共栄学園中→共栄学園高等学校→NECレッドロケッツ(1999-2002年)。そして、現在はビーチバレーボールチームのレオパレス・ビーチウィンズ(2002年-)に所属しています。

コラム > ビーチバレーボール 浦田聖子〜プロフィールについて書かれています。

ビーチバレーボール 浦田聖子〜活躍

カテゴリー :浦田聖子

 ビーチハレーボールの人気選手浦田聖子(うらた・さとこ)選手は、インドアバレーボール時代、NECレッドロケッツで2度の優勝を経験しました。

浦田聖子選手は、2002年にビーチバレーボールへ転向し、シドニーオリンピックで4位に輝いた佐伯美香とペアを組み急激に力をつけ、2004年のワールドツアーでは、7位に入賞する快挙を成し遂げました。

2005年、2006年には、ジャパンサーキットで遂に優勝を果たし、2006年の日本ランキングで1位になるなど、実力派プレーヤーに成長しました。
 2007年からは、世界でTOPを目指すために、インドア日本代表を経験した、鈴木洋美とペアーを組み、大型チームを結成しました。
また、男子と同じく、ブラジルのレオンヘッドコーチ、エッジコーチのもと、北京オリンピックに照準を合わせ、新たに活動をスタートしていました。
また、ビーチバレーボールの力強いプレーに加え、ルックスに定評があり、テレビ番組やラジオ、新聞、雑誌などに多数出演していて、今後の活躍に大きく期待されている選手です。

コラム > ビーチバレーボール 浦田聖子〜活躍について書かれています。